看護師が知っておきたい止血のしくみ

PTとAPTTの違い

「プロトロンビン時間(PT/prothrombin time)」と、
「活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT/activated partial thromboplastin time)」の違いとは、
結論から言うと、プロトロンビン時間は前述の凝固カスケードの外因系を、
APTTは内因系を反映しています。

 

共通系が傷害されると、両者が異常を示します。

 

PTとAPTTでは、名前の付け方が異なっています。

 

・APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間(activated partial thromboplastin time))

 

APTTの「部分トロンボプラスチン」とは、
それ自体が試薬の名称です。
そして、測定の際にはこれを血漿に加えて凝固時間を測定します。

 

・PT(プロトロンビン時間(prothrombin time))

 

PTを推定する際には、
血漿にプロトロンビンを加えるわけではありません。

 

PT測定に置いて加えるのは、「組織トロンボプラスチン」と言う試薬です。

 

このように「トロンボプラスチン」という語が、
PTとAPTTの違い、ひいては外因系と内因系との違いを理解する鍵になります。